福祉の仕事に就くには|通信講座でも勉強できる!セラピストになるにはココを押さえておこう
男女

通信講座でも勉強できる!セラピストになるにはココを押さえておこう

福祉の仕事に就くには

婦人

ソーシャルワークの支援

ソーシャルワークとは、社会福祉活動の支援を意味する言葉です。ソーシャルワーカーは、社会福祉に携わる人を指します。おもに高齢や障害などで福祉サービスを必要とする人を対象に、社会的な支援を行うのが仕事です。ソーシャルワーカーという名称は肩書きのようなもので、福祉事務所に就職した場合は「ケースワーカー」、児童擁護施設に就職した場合は、「児童指導員」などと呼ばれるようです。就いた職業によって呼ばれ方が異なります。ソーシャルワーカーの資格を取得するには、社会福祉士や介護福祉士などの試験を受ける必要があります。就職する施設によっては、社会福祉士や介護福祉士の資格を取得しなくても、ソーシャルワーカー的な仕事ができるところもあるようです。

社会福祉士の試験

ソーシャルワーカーになるための代表的な資格として、「社会福祉士」があげられます。社会福祉士は国家資格で、試験を受けるには4年制の福祉系大学に通い、社会福祉士を養成するための講座で学ぶ必要があります。社会福祉の科目を履修することで、大学を卒業と同時に社会福祉士の国家試験の受験資格を得ることができます。ほかにも、福祉系の短期大学や専門学校で学ぶことでも、卒業後社会福祉の実務経験を積むことで国家試験の受験資格を得ることが可能になります。社会福祉士の国家試験に合格すれば、ソーシャルワーカーとして医療機関や行政機関、社会福祉施設や児童擁護施設などで働くことができます。なお、社会福祉士の資格取得と一緒に、公務員試験に合格する必要があります。

Copyright © 2017 通信講座でも勉強できる!セラピストになるにはココを押さえておこう All Rights Reserved.